岐阜県関市の工務店川島建設とは?
  • 家づくりのこだわり
  • 川島建設からのご挨拶
  • 川島建設の信念
  • 川島建設で建てるメリット
  • 地域密着
  • 職人のこだわりと技術
  • エコな家づくり
  • 施工の流れ

川島建設のこだわりの家づくり

こだわりの家づくり 弊社では天然素材にこだわり、構造材から建材に至るまで、可能な限り、無垢の材料を使った住宅をお勧めし、施工させていただております。人が生物として自然界に存在する状態を基準とし、出来るだけ電気やシステムに頼らず、しかし、自然の驚異や天災から確りと守ってくれる。自然に逆らって生きるのではなく、自然と共生する。そんな弊社の考え方に最もマッチする工法がWB工法です。WB工法は電気を使わずに、温度で自動開閉する装置によって、室内側と屋外側に設けられた二重の通気をコントロールし、更には部屋内の湿度も内壁を通って調整され、同時にホルムアルデヒドなどの有害物質も自然に排出することができます。住む人にとっては室内環境が正常化され、より快適に。家本体にとっても、壁内部の結露が起こらず、内部の木材も水分の吸放出を行えて、蒸れ腐れと無縁の状態を保ち続けられる。地震に対しても、腐らない木材のおかげで初期の性能を維持することが出来最善の状態で地震に対応することができる。弊社の無垢の素材を大切にする思いと、WB工法の家を長持ちさせ、出来るだけ自然の力で快適な状態を維持する技術が組み合わされて川島建設の住宅は出来上がっています。

>>>WB工法について詳しく見る

千数百年の昔より今に伝わる材料

お客様第一で考えて施工します木造建築には千年以上の歴史があり、日本の住宅において最も多く用いられている材料です、実際に住宅を建てるなら、やはり木造と考えてみえる方が多いことは納得できます。しかし、一言に木造と言っても材料や工法によって様々な種類があるにも関わらず、材料に木を使っていれば全て木造と理解されているのが現状ではないでしょうか?
日本における木造建築と言えば、地元の山から木を伐り、自然乾燥させ、職人達の手によって軸組工法で建築されるのが本来の姿です。特にここ岐阜県は、長良杉、東濃ひのきの産地であり、日本でも有数の木材の宝庫と言えます。


木を見て触れて感じて

木を見て触れて感じて弊社では、御施主様と共に、伐採の現場や、製材工場などで、実際に使用される木材を見ていただき、触っていただいて、時にご自身で我が家に使う木材を選んでいただくなどして、木を感じ、実感していただきたいのです。一生に一度の大きなお買い物です、完成後も我が家の木材がどこから来て、ここにあるかに想いをはせながら、木に包まれるやさしい時間をお過ごしください。


ページの先頭へ
お問い合わせ・資料請求